生命保険比較TOP | 生命保険とは | 生命保険の種類 | 生命保険の紹介 | その他の保険の比較 | リンク集 |

養老保険・医療保険

「養老保険」とは

養老保険とは、死亡した時は死亡保険金、高度障害なった時は高度障害保険金、満期終了の時は満期保険金を受け取ることができる、死亡保険と貯蓄が両立された生命保険です。

養老保険には必ず保険金が支払われる魅力があり、積立にもなるため、比較的や多くの方が契約されています。

しかし、生命保険として考えると、月々の支払いがかなり高くなってしまう契約といえます。

掛け捨てでなく貯蓄されるためのことですが、1,000万円の死亡保障を得るためには、満期までに1,000万近い金額を支払う必要があり、結果的に月々の支払額が高くなってしまいます。

養老保険では、死亡保障額と満期保険金額が同じ金額に設定されているため、死亡保障額=満期保険金額=満期までの支払額となってしまいます。

養老保険の生命保険契約は、あくまでも補助として考えておくべきです。

「医療保険」とは

医療保険とは、入院保障を重視したタイプの生命保険で、病気や怪我での入院や手術費用を保険料でまかなうことができます。

医療保険では、所定の日数以上の入院すると給付金が支払われるシステムになっていて、何日目から支払われ、最高何日間保障されるのかが医療保険契約のポイントといえるでしょう。

ただし、1日目から給付金が出る保険では、保険料が高くなってしまう傾向があります。医療保険の本来の目的は、生命保険のように死亡を保障してくれたり短期入院の手当てではなく、長期入院の際に必要となる高額な入院費用をまかなうことです。

もちろん、1日目から長期間保障される医療保険が理想ですが、保険料とのバランスを考えて契約する必要があります。少なくとも120日、余裕があれば1年以上のタイプを契約しておく方が安心です。

【保険オススメ情報】
※最大15社に一括無料資料請求⇒保険スクエアbang!はこちらから
※保険に関する無料相談なら⇒保険マンモスはこちらから
※生命保険の見直しなら⇒SBIライフリビング「あなたのFP」
バナー原稿 468×60_a (130409)imp


▼同カテゴリー「 生命保険の種類 」の記事一覧
定期保険・終身保険
定期付終身保険・自由設計型保険
養老保険・医療保険
がん保険・三大疾病保障保険
介護保険・収入保障保険
個人年金保険・こども保険
生命保険の死亡保障額

生命保険とは

生命保険の種類

生命保険の紹介

その他の保険の比較

リンク集

 
生命保険比較TOP | 生命保険とは | 生命保険の種類 | 生命保険の紹介 | その他の保険の比較 | リンク集 |