生命保険比較TOP | 生命保険とは | 生命保険の種類 | 生命保険の紹介 | その他の保険の比較 | リンク集 |

生命保険の死亡保障額

生命保険の死亡保障額とは

生命保険の主契約となる死亡保障額を考えてみましょう。

死亡保障に関しては見直す必要もないし、一生涯の素晴らしい保険に契約していらっしゃるのであればあなたは幸せな方です。生命保険の外交員さんに言われるままに契約してしまい、数年経って一から保険を見直す必要がでてきた方もいらっしゃるのです。もちろん、これから初めて生命保険に加入する方もいらっしゃるでしょう。

保険の見直し、保険の加入ともに重要となるのが、主契約となる死亡保障額です。死亡保障額は、自分自身が死亡した時「残された家族に必要となる金額」です。

独身の方ならば、育ててくれた両親への感謝の気持ちとあなたのお葬式費用などが目安です。既婚の方ならば、「家族の生活費」、「こどもが社会人になるまでの学費」、「ローンの残金」等から考えて死亡保障額を決定してください。

生命保険の死亡保障額を再確認

生命保険の主契約となる死亡保障額は、自分自身が死亡した時「残された家族に必要となる金額」と説明しました。

家族のことを想い、頑張って考えて「死亡保障額」を決定したとします。しかし、死亡保障額は、月々の支払い額を左右するくらい大きな割合を占めています。残される家族のことも心配ですが、生きてるうちは毎月の生活のことも考えなければなりませんから、少しでも保険料を安くしなくてはなりません。

まず、死亡した後でお金を受け取ることができるのは、契約を考えている生命保険だけではないことを頭において死亡保障額を決定する必要があります。

遺族年金等の公的年金、勤め先からの死亡退職金、その他の生命保険の死亡保障、家族の収入もあるはずです。

「残された家族に必要となる金額」から「その他の収入」を引いた額が契約すべき「死亡保障額」です。

生命保険の特約

生命保険の主契約である「死亡保障額」が決まったら、次はご自身のためにも必要となる特約部分です。

特約として契約可能な保険は各社さまざまですが、主契約が「死亡保障額」ならば特約には「医療保険」、「傷害保険」、「がん保険」、「こども保険」などが一般的です。どの特約と契約するかはご自身の生活環境や年齢と相談し決めていきます。

ただ、一般的な保険は「死亡保障」とセットで「医療保障」や「傷害保障」が付いていて、足りない分を特約で補うといった形になります。

また、主契約部分の死亡保障では不足する時は、特約で「定期保険特約」を追加できるタイプの生命保険もあります。掛け捨てになるほか、満期には保障もなくなりますが、定年退職するまでは死亡保障を大きくしておきたい時などに利用されています。

【保険オススメ情報】
※最大15社に一括無料資料請求⇒保険スクエアbang!はこちらから
※保険に関する無料相談なら⇒保険マンモスはこちらから
※生命保険の見直しなら⇒SBIライフリビング「あなたのFP」
バナー原稿 468×60_a (130409)imp


▼同カテゴリー「 生命保険の種類 」の記事一覧
定期保険・終身保険
定期付終身保険・自由設計型保険
養老保険・医療保険
がん保険・三大疾病保障保険
介護保険・収入保障保険
個人年金保険・こども保険
生命保険の死亡保障額

生命保険とは

生命保険の種類

生命保険の紹介

その他の保険の比較

リンク集

 
生命保険比較TOP | 生命保険とは | 生命保険の種類 | 生命保険の紹介 | その他の保険の比較 | リンク集 |